CWDMフィルタ

波長: 1431 ~ 1611nm

メーカ:Dicon Fiberoptics Inc.

DiConのWDMフィルタは、メトロポリタンネットワーク、アクセスネットワーク、エンタープライズネットワークにおける信号の多重化・多重化のために設計されています。8チャンネル以下のシステムに対応する低コストのコンポーネントで、温度によるレーザー中心波長の変化に対応するため、13nmの広いチャンネルパスバンドを備えています。

特長

  • 20nmのチャネルスペーシングに基づくチャネルプラン
  • デマルチプレクス・アプリケーションのための高アイソレーション
  • 低挿入損失
  • Telcordia GR-1221でテスト済

用途

  • データセンター
  • 光アクセス
  • 基幹系インフラ
  • 通信

Coarse WDMは、20nmのチャネル間隔を持つ新興の業界標準グリッドをベースにしたシステムで、信号の多重化および多重化を行います。これらのシステムでは、100GHzや200GHzのチャネルプランに基づいた高価なコンポーネントの代わりに、非冷却レーザーと低コストのコアースWDMコンポーネントを使用します。

仕様詳細

対応波長(nm)1431 ~ 1611
透過幅(nm)20
耐久光入力(mW)300
ファイバタイプSMF


製品に関するお問い合わせ

    送信する前に個人情報保護方針をご確認ください。