超広帯域波長可変レーザー光源『SuperK CHROMATUNE』

波長:400 ~ 1000nm 出力:>1 mW@選択波長 スペクトル幅:5 ~ 50 nm

メーカ:NKT Photonics A/S

『SuperK CHROMATUNE』はスーパーコンティニウムレーザーに波長選択フィルタをワンボックスに内蔵した超広帯域波長可変レーザ光源です。

『SuperK CHROMATUNE』はスーパーコンティニウムレーザーに波長選択フィルタをワンボックスに内蔵した超広帯域波長可変レーザ光源です。
スーパーコンティニュームレーザーは、ピコ秒レーザやフェムト秒レーザーなどの超短パルスレーザをPhotonic Crystal Fiber に代表される高非線形光ファイバの中で、複雑な非線形光学過程を経て位相の揃った強い光を出す超広帯域パルス光源です。
NKT Photonics社では最大390 ~ 2400 nm 発振が可能です。
そのスーパーコンティニウムレーザーに中心波長とスペクトル幅を可変できるフィルタを内蔵した製品が 『SuperK CHROMATUNE』 です。
使用しているスーパーコンティニウムレーザーはSuperK FIANIUM FIU-6 となります。

特長

  • 中心波長を400 ~ 1000 nm間の広帯域間で選択可能である
  • スペクトル幅を5~50nm間で自由に選択可能である
  • 選択波長における出力がスペクトル幅に関わらず、1mW以上である
  • メンテナンスフリー
  • アライメント調整不要
  • 容易な操作性
  • 10,000時間の連続発振が可能

用途

  • 顕微鏡
  • 分光
  • 蛍光寿命イメージング
  • 光学特性評価
  • プラズモニクス & メタマテリアル

仕様

  • 光学仕様
波長範囲400 ~ 1000 nm
全スペクトルスキャン速度1 秒
選択波長における出力 > 1 mW
出力安定性± 5%
繰り返し周波数78 MHz (固定) / 0.15 ~ 78 MHz (可変)
スペクトル幅 *15~10 nm (min.) / 50 nm (max.)
帯域外スペクトル抑圧比*2> 40 dB
波長分解能1.5 nm
波長ステップサイズ0.1 nm
ビーム出力コリメータ
ビーム品質M2 < 1.1
ビーム径≈ 0.5 mm @ 400 nm
≈ 0.6 mm @ 600 nm
≈ 0.8 mm @ 800 nm
≈ 0.9 mm @ 1000 nm
ビーム拡がり角< 1.5 mrad

*1: スペクトル幅は波長とともに増加
*2: 中心波長から+/-20nm以内で測定

  • 機械 / 電気仕様
冷却方法空冷
動作温度+18 ~ +30 ℃
保管温度ー 10 ~ +55 ℃
寸法440 (W) x 251 (H) x 400 (L) mm
重量26 kg (パルスピッカー無)
27.5 kg (パルスピッカー内蔵)
通信インターフェースUSB2.0 / RS-232 / Ethernet
駆動電圧100-240 VAC, 50/60 Hz
消費電力< 175 W
ドアインターロックコネクタ2-pin LEMO
同期トリガ出力NIM / アナログパルス出力 /
デジタルゲート出力( パルスピッカー内蔵のみ)

SuperK CHROMATUNEについての動画

資料ダウンロード

製品に関するお問い合わせ

    送信する前に個人情報保護方針をご確認ください。