50W出力 フェムト秒ファイバーレーザー

波長: 515nm / 1030nm 平均出力: 25W / 50W パルスエネルギー:20uJ / 40uJ

メーカ:NKT Photonics A/S

『aeroPULSE FS50』は、実績・信頼性の高い NKT Photonics社製 フォトニック結晶ファイバをベースに開発された産業向けのオールファイバ構成のモード同期フェムト秒ファイバーレーザーです。

製品概要

aeroPULSE FS50 は 実績・信頼性の高い NKT Photonics社製 フォトニック結晶ファイバをベースに開発された産業向けのオールファイバ構成のモード同期フェムト秒ファイバーレーザ です。40 uJのパルスエネルギー @ Single shot – 1.25 MHz、パルス幅 0.5 – 3 ps可変、50 W出力の製品で、薄膜切断、ガラス加工、ステント加工、医療機器の製造、ICパッケージ切断、スクライビング、光パラメトリック増幅器の励起光、およびフェムト秒微細加工など多彩なアプリケーションで使用できます。
aeroPULSE FS50 は、 19インチラックマウントのコントロールユニットと非常にコンパクトなレーザーヘッド、そしてチラーで構成されます。 優れたビーム品質と長期安定性をもち、メンテナンスフリーで長期にわたる連続稼働が可能です。

特長

  • 50 W出力 @ 1030 nm
  • 40 uJパルスエネルギー @ 1030 nm
  • 25 W出力 @ 515 nm
  • 20 uJパルスエネルギー @ 1030 nm
  • 高いビームポインティングスタビリティ
  • 高いビーム品質:M2 ≦1.3
  • <500 fs to 3 ps 間でパルス幅可変
  • 最大50 MHzまでのパルス繰り返し周波数
  • オールファイバ構成による高信頼性
  • ペデスタルフリーの高品質パルス
  • コンパクトなOEMデザイン
  • メンテナンスフリー / アライメントフリー
  • 非常に短いウォームアップ時間
  • 24/7 オペレーション
  • 遠隔での操作が可能
  • 20,000時間超の寿命
  • 容易な操作性:RS232、もしくはUSBによる接続
  • バーストモード駆動が可能

用途

  • 薄膜切断
  • ガラス切断
  • ステント製造
  • 医療機器の製造
  • ICパッケージの切断
  • スクライビング
  • 光パラメトリック増幅器の励起光
  • フェムト秒微細加工

インストール方法の動画

資料ダウンロード

製品に関するお問い合わせ

    送信する前に個人情報保護方針をご確認ください。