狭線幅固定波長半導体レーザ

波長: 1180 ~ 1680 nm 線幅: 0 ~ 30kHz

メーカ:光伸光学株式会社

複数チャンネル組込等のカスタム可能な固定波長半導体レーザです。検査用光源としてのカスタマイズも可能です。

特長

  • 波長設定は以下の波長範囲から指定1180-1370nm/1400-1680nm
  • 狭スペクトラム線幅:30kHz以下
  • 相対強度雑音(RIN): -150dB/Hz以下
  • 複数チャンネル組込等のカスタム可能 ⇒検査用光源としてカスタマイズ可能

用途

  • 3Dセンシング
  • LIDAR
  • センシング / デバイス評価
  • デバイス評価
  • 光ガスセンシング
  • 光ファイバセンシング
  • 光周波数コム
  • 分光
  • 基幹系インフラ

仕様詳細

モデルFLS-****(指定波長)
波長設定範囲1180-1370nm/1400-1680nm ※任意の波長をご指定ください。
波長確度≦±0.2nm
光出力 ※1≧+10dBm
スペクトラム線幅(代表値) ※2,※4≦30kHz(実力値:≦10kHz)
RIN(代表値) ※2≦-150dB/Hz
周波数安定度 ※3≦±100MHz(60min.)=±0.8pm(波長安定度)
光出力安定度 ※3≦±0.03dB(60min.)
出力ファイバ偏波保持ファイバ ※コネクタタイプはご指定頂けます。
偏光状態直線偏光、出力コネクタのキー方向、消光比≧20dB(代表値)
外部I/Fシリアル通信
寸法141W×137D×71H

※1: モデル/波長により最大光出力は異なります
※2: 低ノイズドライバ使用時
※3: 周囲環境一定の条件
※4: 波長帯により異なります

製品に関するお問い合わせ

    送信する前に個人情報保護方針をご確認ください。