波長帯域幅可変 光フィルタ

波長: 1450~1650nm

メーカ:EXFO

波長レンジが広く(標準1450~1650nm)、急峻なエッジ特性をもつ波長・帯域幅可変フラットトップ型光フィルタです。

特長

  • 中心波長可変 1450~1650nm (standard)
  • 帯域幅可変  50~950pm (standard)  50~5000pm (wide)
  • 急峻なエッジ特性 500dB/nm (standard) 800dB/nm (ultrafine)
  • Oバンド対応モデルもございます
  • マニュアル操作タイプ(XTM-50)と自動タイプ(XTA-50)の2モデルに対応

自動タイプ XTA-50

マニュアル操作タイプ XTM-50

用途

  • ビット・エラー・レート・テストのためのチャネル選択
  • 複雑な変調方式のサブバンドの解析
  • チャンネル・スペーシングの削減
  • WDM-PON、DWDMシステムのテスト
  • 増幅解析
  • カスケードROADMエミュレーション

仕様詳細

モデルラインナップ

モデル波長範囲 (nm)帯域幅エッジ特性 (dB/nm)
standard1450~165050~950pm (6.25~120GHz)500
ultrafine1480~162032~650pm (4~80GHz)800
wide1525~161050~5000pm (6.25~625GHz)350~500
O-band1260~136050~900pm (8~160GHz)500

〇波長レンジが広く(標準1450~1650nm)、急峻なエッジ特性をもつ波長・帯域幅可変フラットトップ型光フィルタです。

図1.帯域幅及び波長チューニング

製品に関するお問い合わせ

    送信する前に個人情報保護方針をご確認ください。