PILAS DX

単一波長発振のゲインスイッチ方式のピコ秒レーザ

メーカ:NKT Photonics A/S

単一波長発振のゲインスイッチ方式のピコ秒レーザ

製品概要

PILAS DX シリーズはNKT Photonics社が2017年7月に買収いたしましたOnefive社の子会社でドイツのベルリンに拠点を持つAdvanced Laser Diode Systems の単一波長発振のゲインスイッチ方式のピコ秒レーザであり、KatanaシリーズKatana HPシリーズのタネ光源となります。本製品はレーザーコントローラユニットとレーザー発振ヘッドから構成されます。発振波長は375 – 1550 nm間の10種類以上の波長から選択可能であり、繰り返し周波数はsingle shotから40 MHz (80MHz のカスタム対応可)でPulse on demandとなります。射出端はFree space と Single mode fiber outputどちらも対応可能です。製品ラインナップを下記をご参照下さい。

特長

  • 低タイミングジッタ:< 3ps rma
  • Single shotから最大80 MHzまで繰り返し周波数を可変
  • 内部トリガー / 外部トリガー
  • マスターモード / スレーブモード両方での発振可能
  • メンテナンスフリー / アライメントフリー
  • 24/7 オペレーション
  • CW発振のオプションもあり

用途

  • ファイバの測定
  • 検出器の測定
  • 蛍光イメージング
  • 半導体検査
  • 時間分解分光法

資料ダウンロード

製品に関するお問い合わせ

    送信する前に個人情報保護方針をご確認ください。