光遅延時間測定システム

波長: 850 / 1064 / 1310 / 1550nm

メーカ:SYCATUS株式会社

A0060A光遅延時間測定システムは、パッチコード、カプラー、スイッチなどの光ファイバーコンポーネントの光路の入力と出力の間の遅延時間を測定します。光スイッチなどのデバイスのマルチパス間の遅延時間差を知りたい場合は、このA0060A光時間遅延測定システムで把握できます。

特長

  • 精度:30dB光パス損失で1ps(約0.2mm光ファイバ長)
  • 波長:1550 nm、1310 nm 1064 nm、または850 nm
  • DUT最大長:500m

用途

  • コヒーレント通信
  • 光スイッチ
  • ファンアウトケーブル

仕様詳細

  • A0060Aは、ネットワークアナライザ、光学テストセット、およびユーザーインターフェイスソフトウェアで構成されています
  • ネットワークアナライザを採用(KeysightE5063A)は、122 dBの広いダイナミックレンジで、大きな光路損失でも高精度の測定を可能にします
  • 光学テストセットには、測定の精度を確保するための広帯域で高効率のE / OおよびO / Eコンバーターがあります
  • ユーザーインターフェイスソフトウェアはネットワークアナライザにインストールされ、ネットワークアナライザのデスクトップ画面から起動されます。簡単な手順で、高速で再現性の高い測定が可能になります
波長850 nm/ 1064 nm / 1310 nm / 1550 nm
測定分解能1 ps
測定分解能200 mm

製品に関するお問い合わせ

    送信する前に個人情報保護方針をご確認ください。