光周波数コム発生器『Frush』

波長: 1550nm近辺 スペクトル幅: 3nm コム間隔: 12 ~ 18GHz (可変)

メーカ:セブンシックス株式会社

✓ チャネル間隔12-18 GHz フラットな光周波数コムスペクトル
✓ 外部のシステムとの同期
✓ 高コストパフォーマンス
✓ 19インチラックサイズ
✓ PMF出力可

製品概要

当社の光周波数コム発生器 はLN 変調器1台を用いてチャネル間隔12-18 GHz フラットな光周波数コムスペクトルを発生するシンプルな構成となっております。ご使用中の狭線幅レーザー光源を外部入力の種光源としてご利用いただけます。
また、RF信号も外部入力となっておりますので、低位相雑音の信号発生器をご利用いただくことで、低タイミングジッタのピコ秒パルスを発生させることができます。発生させる光周波数コムの各チャンネルの線幅、平均出力は外部光源に依存します。光周波数コムの光出力はおよそ入力光より 20 dB 程度低い出力となります。

入力していただく RF 信号は 16 GHz、>17 dBm を推奨しておりますが、この他の周波数、RF強度の入力も可能です( 微調整が必要となります)。全偏波保持ファイバ構成での光周波数コム発生器も可能ですが、偏波状態にこだわらないという場合は、LN 変調器の射出側ファイバを SMF(Non-PM) 構成にすることで、価格を抑えることができます。

特長

    • 12-18 GHz チャネル間隔
    • フラットスペクトル
    • 光モニタ出力ポート×1
    • RFモニタ出力ポート×2
    • 種光源/RF信号外部入力

      ▲ Frushの特徴についての技術資料

      用途

        ▲ Frushのカスタマイズ例

        仕様詳細

        • 中心波長:1550nm近辺
        • スペクトル幅:3nm
        • 光平均出力:> -5dBm (13dBm光入力時)
        • 光パルス幅:< 5ps
        • コム間隔:12-18GHz (可変)
        • 出力ポート:FC/APC
        • 偏光:直線偏光可(推奨)
        • 電源電圧:100VAC
        • 寸法:149(H)×480(W)×430(D) mm

        光信号のモニタ出力が 1 ポート、RF信号のモニタ出力 が 2 ポートありますので、外部のシステムとの同期も可能です。
        本発生器からの光パルスをBOA や EDFA で増幅してパルスのピーク出力を増大させた後、高非線形ファイバに入力することで 数十nm の広帯域コムスペクトルを得ることができます。

        製品カタログ(pdf)
        技術資料資料(pdf)

        ■ 使用イメージ

        製品解説動画

        『Frush』光周波数コム 自社製品第1号!
        │Vol.001
        『Frush』光周波数コムで三次元形状計測! 応用編
        │Vol.007
        『Frush』光周波数コムで5G/ポスト5G信号生成!!
        │Vol.21

        光周波数コム『Frush』FSR変調が距離計測を高速化!?│Vol.47
        『Frush』光周波数コムで
        5G/ポスト5G・ミリ波/THz波検出!!│Vol.22

        『Frush』フェムト秒超短パルスの発生方法│Vol.66

        EO変調式光コム『Frush』ライブデモ│Vol.76
        光周波数コム×量子通信 │ Vol.78

        研究論文

        製品に関するお問い合わせ