(2+1)x1、(1+1)x1 ポンプ&シグナルコンバイナ

波長: 1040 ~ 2020 nm

メーカ:ITF Technologies Inc.

ITFテクノロジーズのマルチモードポンプ&シグナルコンバイナはダブルクラッドファイバー(DCF)に供給される信号に、1つまたは2つのレーザーダイオードからのパワーを組み合わせることができ、産業用、医療用、通信用に設計されています。
ファイバーレーザーやファイバーアンプなどのアプリケーションにおいて、非常に効率的なポンプパワーの伝送と、最高の信号品質の伝送を実現します。これらの製品は
幅広いパワーハンドリング構成と豊富な入出力端子に対応しています。

特長

  • 高い電力伝送効率
  • モーダルコンテンツの保存
  • 波長依存性なし
  • カスタムコンフィグレーションが可能
  • 複数のパワーハンドリングが可能
  • ROHS対応
  • アプリケーション

用途

  • ファイバーレーザー
  • ファイバーレーザーステップアンプ
  • ファイバーレーザパワーアンプ
  • CATVアンプ
  • 産業・通信・研究用

仕様詳細

  • パッケージ寸法 
    ハイパワー:60.0 x 12.0 x 6.5 mm
    ミッドパワー:60.0 x 5.0 x 5.0 mm
    バリューライン&インジェクター:65.0×3.5(D)mm
    インジェクター 40.0 x 3.0 (D) mm
  • 基本モード伝送に最適化された信号
  • ポンプの最大挿入損失 0.5 dB (代表値)
  • ポンプの光学的リターンロス > 35dB以上
  • PMコンポーネントのPER値 >20dB以上
  • 典型的なパワーハンドリング
  • カスタムデザインや試作品も可能

製品に関するお問い合わせ

    送信する前に個人情報保護方針をご確認ください。