ゲインフラッテニングフィルタ GFF

波長: 1525 ~ 1565nm / 1565 ~ 1615nm

メーカ:ITF Technologies Inc.

ITFのゲインフラットニングフィルタは、ファイバーブラッググレーティング技術に基づいており、長距離および超長距離システムに最適なソリューションとなっています。 実際、各フィルターは固有の伝送曲線を持っているため、長いカスケード接続されたアンプの中でエラーが直線的に蓄積されることはありません。私たちの高信頼性コンポーネントとプロセスは、業界の最高基準と、海底アプリケーションの厳しい要求を満たしています。
これは、利得の平坦化パターンに対する典型的な要求を示した図であり、当社のプロセスによってFBGスペクトルをいかに理論的要求に近づけることができるかを示しています。

特長

  • 低い信号挿入損失
  • 低いPDLおよびPMD値
  • 低いランダムおよびシステマティックエラー(群誤差関数:標準 <0.1dB)
  • 熱伝導パッケージ
  • 実証済みの信頼性フィールドデータ

用途

  • EDFAの全波長(1525~1615nm)にわたって利得の正規化を実現
  • 海底の光ネットワークに適合した
  • 長距離および超長距離DWDM水中システムリピータ

仕様詳細

動作波長範囲1525 to 1565 nm (C-band) / 1565 to 1615 nm (L-band)
最大挿入損失7 dB
公称挿入損失(1)≤ 0.65 dB
成分誤差関数の変化 (1)< ± 0.14dB or < ±3% of IL max
偏波依存性損失 (PDL)≤ 0.05 dB
偏波モード分散 (PMD)≤ 0.05 ps
ファイバータイプStandard single-mode fiber to ITU G.652
熱による波長変化 (2)< 40 pm
動作温度 (2)-5 to 45°C
保存温度-40 to 85°C
パッケージ寸法(円筒形:長さ×直径)89.7 x 4.6 mm

製品に関するお問い合わせ

    送信する前に個人情報保護方針をご確認ください。