ベンチトップ型 狭線幅波長可変レーザー

発信波長: 186 ~ 196THz

メーカ:ID Photonics GmbH

ベンチトップタイプの狭線幅チューナブルレーザ、CoBrite DXシリーズのご紹介です。4CHモデルはタッチパネルを搭載、ウェブブラウザからアクセスしてPC制御やソフトウェアのインストールも可能です。また2CHモデル、1CHモデルもございます。

CoBrite DXシリーズ概要

CoBrite DX – 4CHモデル タッチパネル搭載 イーサネット対応(リモート制御可)

CoBrite-DXは、1~4個のCoBriteレーザー光源を搭載し、コヒーレントトランスミッターやローカルオシレーターなど、様々な用途に使用できます。

簡単なセットアップとコンパクトなサイズでありながら、高い光学的忠実度を実現しています。コストパフォーマンスに優れた多目的レーザー光源からハイエンドの狭線幅レーザー光源まで、用途や予算に合わせて3種類のレーザー光源を用意しています。1515nmから1625nmのアプリケーション領域をカバーし、カスタマイズされたバリエーションを使用して最大18dBmの出力を得ることができます。

このため、コヒーレント・アプリケーションや高ボーレートでの高度な変調フォーマットを必要とするアプリケーションに最適な装置です。また、競争力のある価格により、技術的要求の低い一般的なアプリケーションにも使用することができます。

■ CoBrite DX2 – 2CHモデル イーサネット対応(リモート制御可)

CoBrite-DX2は、1つまたは2つのレーザー光源を搭載しており、コヒーレント・トランスミッターやローカル・オシレーターなど、さまざまな用途に使用できます。

簡単なセットアップとコンパクトなサイズでありながら、高い光学的忠実度を実現しています。コストパフォーマンスに優れた多目的レーザー光源からハイエンドの狭線幅レーザー光源まで、用途や予算に合わせて3種類のレーザー光源を用意しています。1515nmから1625nmのアプリケーション領域をカバーし、カスタマイズされたバリエーションを使用することで最大17.8dBmの出力を得ることができます。

このため、コヒーレント・アプリケーションや高ボーレートでの高度な変調フォーマットを必要とするアプリケーションに最適な製品となっています。また、競争力のある価格設定により、技術的要求の低い一般的なアプリケーションにも使用することができます。

CoBrite DX1 – 1CHモデル

CoBrite-DX1は、コヒーレントトランスミッターやローカルオシレーターなど、様々な用途に使用できるCoBrite社製チューナブルレーザー光源を1台搭載しています。
簡単なセットアップとコンパクトなサイズでありながら、高い光忠実性を実現しています。コストパフォーマンスに優れた多目的レーザー光源から、ハイエンドの狭線幅レーザー光源まで、お客様のニーズに合わせて3種類のレーザーをご用意しています。

製品に関するお問い合わせ

    送信する前に個人情報保護方針をご確認ください。