光周波数コム発生器『Frush』

波長: 1550nm近辺 コム間隔: 12-18GHz (出荷時固定)

メーカ:セブンシックス株式会社

✓ チャネル間隔12-18 GHz フラットな光周波数コムスペクトル
✓ 外部のシステムとの同期
✓ 高コストパフォーマンス
✓ 19インチラックサイズ
✓ PMF出力可

製品概要

当社の光周波数コム発生器 Frush はLN 変調器1台を用いて自由スペクトル領域(FSR: Free Spectral Range)12-18 GHz で、フラット光スペクトルを持つ光周波数コムを発生します。通常、この光周波数コムは FSR に対応した繰り返し周波数を持つピコ秒光パルスとなっています。Frush 単独では光周波数コムを発生せず、光周波数コムの発生には別途、外部装置として連続発振波(CW: Continuous Wave)光源と RF 信号発生器が必要となります。

発生された光周波数コムの各縦モードの線幅と、縦モードを合算して得られる平均出力は CW 光源に依存します。光周波数コムの平均出力は、CW 光源の平均出力より 20 dB 程度減衰された値となります。当社では外部 CW 光源として、線幅 3 MHz 以下、平均出力 13 dBm 以上で偏波保持光ファイバ(PMF: Polarization maintaining fiber)出力の分布帰還形(DFB: Distributed Feedback)レーザーを推奨しております。

ピコ秒光パルスのタイミングジッタは RF 信号発生器の位相雑音に依存します。外部 RF 信号源は光周波数コムの FSR に対応する周波数の正弦波が出力可能で、電力 +20 dBm 程度が必要となります。

特長

  • FSR 12-18 GHz
  • フラットな光スペクトル
  • 高い長時間安定性
  • お手持ちの RF 信号発生器 / CW 光源を利用可

用途

仕様詳細

中心波長:1550 nm 周辺(入力 CW 光源に依存)
光コム FSR:12-18 GHz(出荷時固定)
光バンド幅:> 200 GHz @ -20 dB
光平均出力:> – 7 dBm (+13 dBm 光入力時)
光パルス幅:< 5 ps
光出力ポート:FC/APC、PM1550
偏光:直線偏光
電源電圧:100 VAC
寸法:148(H)×480(W)×430(D) mm

筐体前面に光信号のモニタ出力が 1 ポート、筐体背面にRF信号のモニタ出力を 2 ポートを設けていますので、測定器との同期が可能です。Frush から出力されるパルス状の光周波数コムを光ファイバ増幅器で +33 dBm 程度まで増幅した後に、高非線形光ファイバに入力することによって自己位相変調によってスペクトル幅を数10 nm 程度まで広げることができます。

      使用イメージ

      製品解説動画

      Frush のライブデモ画像

      セットアップ機器の説明 から 光周波数コムの発生 までを2分ほどの動画でご覧いただけます。



      Frush のアプリケーション:応用・活用

      Frush の動作方法と動作原理から Frush の特長を説明しています。



      Frush のテクノロジー:技術

      当社では Frush による光周波数コム発生の数値解析にも取り組み、数値解析結果を用いた技術の向上と製品の改善にも取り組んでいます。

      研究論文

      製品に関するお問い合わせ