ブログ

社内勉強会【テーマ:FBG温度センサ】

76Guyブログ

こんにちは!営業部の久保寺です。

毎週開催されているセブンシックス社内勉強会ですが、今回のテーマはFBG温度線センサについてです。

おさらいとなりますが、FBG(Fiber Bragg Grating)の定義は、「光ファイバに屈折率を作って特定の波長だけを透過させる素子」です。

FBGセンサの構成としては、以下となります。

【広帯域光源】⇒【光サーキュレータ】⇒【FBG1,2,3(反射波長を少しずらす)】

             ⇓

【信号処理ボード】⇐【受光素子(分光器)】

    ⇓

  【PC】

FBGセンサ(のセンサ部分)の特徴は、光ファイバが使えるところであれば、どこでも使えるというところになります。

弊社でもFBGセンサを取り扱っており、主なスペックは以下となります。

※PCとFBGは除く

・測定温度範囲:-200~300℃(FBG部分のジャケットに依存)

・測定距離:数十センチ~数km

・温度分解能:0.5℃

・ファイバ1本あたりのセンサ数:最大70カ所

・CH数:1ch~128ch

それでは、また次回も見に来てください!