フェムト秒波長可変光パラメトリック増幅器

波長:210nm ~ 11um

メーカ:NKT Photonics A/S

『ORIGAMI IRO』は、スーパーコンティニュームレーザである SuperK FIANIUM と比べてはるかに広帯域(最大210 nm ~ 11000 nm)、高出力(数 uJ)のフェムト秒パルスを出力するフェムト秒波長可変光パラメトリック増幅器です。

製品概要

NKT Photonics社のORIGAMI IROは同社の スーパーコンティニュームレーザである SuperK FIANIUM と比べてはるかに広帯域(最大210 nm ~ 11000 nm)、高出力(数 uJ)のフェムト秒パルスを出力するフェムト秒波長可変光パラメトリック増幅器となります。 業界随一の高いビームポインティングスタビリティを持つ同社のORIGAMI XP / XP-Sシリーズのフェムト秒レーザを励起光として一緒にお使いいただく事で長期的な安定性とメンテナンスフリーの操作が可能になります。 ORIGAMI IRO には波長チューニング機能と自動波長分離機能が搭載されているため、すべての波長でビーム位置とポインティング方向が一定に保持されます。

特長

  • 励起光のパルスエネルギー:8 – 70uJ
  • 励起光、OPAともに完全空冷
  • 最大210 – 11000 nm での波長可変が可能(UV / VIS / MIR)
  • 完全自動 & PC制御
  • 長寿命&高安定性
  • プログラミングが容易な標準コマンドセットによるTCP / IP リモートコントロール
  • 励起光、OPAへの連続稼働のパフォーマンスモニタ機能搭載
  • 全波長(UV/VIS/NIR)を単一アパーチャから出射
  • 業界随一のビームポインティングスタビリティで、全波長域において実験セットアップのアライメントを保持
  • パルスエネルギーと出力の長時間のデータ収集が可能
  • パルス同期、SHG光(515 nm)生成用バイパス、単一励起光&デュアルOPA構成などのオプション機能あり
  • aeroPULSE FS20aeroPULSE FS50 を励起光として使用するオプション機能あり

用途

  • 物性評価
  • フェムト秒ポンププローブ分光法
  • 時間分解分光法
  • フォトルミネッセンス(TR3, TRPES, TRPL)
  • 光電子光イオン同時分光法(PEPICO)
  • コヒーレント反ストークスラマン分光法(CARS)
  • 2次元赤外分光法(2D-IR)
  • テラヘルツ生成研究
  • 非線形顕微鏡

資料ダウンロード

製品に関するお問い合わせ

    送信する前に個人情報保護方針をご確認ください。