通信帯域 スペクトル・分散制御プロセッサ WaveShaper Bシリーズ

広い動作周波数 185.86 ~ 196.672 THz/10.8THz(1524.33 ~ 1613.0 nm/88.7 nm)

メーカ:II-VI Incorporated(旧Finisar)

✓ 広い動作周波数 185.86 ~ 196.672 THz/10.8THz(1524.33 ~ 1613.0 nm/88.7 nm)
✓ 周波数設定分解能が10倍と大幅向上
✓ 高い分解能 14GHz(FWHM)@高分解能モード ※通常モードでは18GHz
✓ フィルタ更新の設定速度が0.1秒未満(10Hz以上)へと大幅アップ ※Aシリーズは0.5秒(2Hz)
✓ 新機能 ROADM & Filter cascade シミュレータ

特長

  • 広い動作周波数 185.86 ~ 196.672 THz/10.8THz(1524.33 ~ 1613.0 nm/88.7 nm)
  • 周波数設定分解能が10倍と大幅向上
  • 高い分解能 14GHz(FWHM)@高分解能モード ※通常モードでは18GHz
  • フィルタ更新の設定速度が0.1秒未満(10Hz以上)へと大幅アップ ※Aシリーズは0.5秒(2Hz)
  • 新機能 ROADM & Filter cascade シミュレータ

用途

  • DWDMシステム試験
  • ネットワークシミュレーション
  • トランシーバーテスト
  • パルス整形
  • 光コム発生
  • 量子光学

仕様詳細

Aシリーズとの主なスペック比較 

項目BシリーズAシリーズ ※C+L band対応モデル
動作周波数レンジ185.86 ~ 196.672 THz(10.8THz)
(1524.33 ~ 1613.0 nm(88.7nm))
187.275 ~ 196.275 THz(9THz)
(1527.4 ~ 1600.8 nm(73.4nm))
周波数設定分解能±0.1 GHz (±0.8 pm)±1 GHz (±8 pm)
フィルタ帯域幅〇1000B (ポート構成 1×1)18 GHz ~ 10.8 THz
〇4000B (ポート構成 1×4)14 GHz ~ 10.8 THz
@高分解能モード時、ポート1のみ18 GHz ~ 10.8 THz
@通常モード時
20 GHz ~ 9 THz
(0.16 nm ~ 73.4 nm)
フィルタ更新レート
(設定速度)
< 0.1 秒 (> 10 Hz)※フィルタ帯域幅によってはWindow機能を使用し更新することで30Hz以上のレートでの更新も可能< 0.5 秒 (> 5 Hz)
ROADM & Filter cascade シミュレータありなし

  • ROADM & Filter cascade シミュレータ機能
  • WaveShaperシリーズは何段にもカスケードされたROADMやメッシュ・ネットワークにおける光フィルタのシミュレーション機能をサポートしています。
  • メッシュ・ネットワークにおいて伝送品質の予測は非常に重要ですが、そこには経由数の変化するROADMや光アンプ、その他様々なフィルタ要素が含まれます。チャンネルの狭帯域化、中心波長のジッタ、不完全なパスバンド形状などが伝送品質の劣化をもたらします。
  • ROADM & Filter cascade シミュレータ機能(WaveShaper App release 2.0以降でサポート)は、光ネットワークの設計や運用に携わるお客様へ、これらのシミュレーション機能を提供します。
  • お客様は本機能を活用することで、伝送路におけるフィルタ要素を高い自由度でシミュレーションし、伝送品質を検証することで、伝送容量やリンクアップ時間の最適化を行うことができます。
  • 早いフィルタ更新速度Bシリーズはフィルタの更新レート最大30Hz(フィルタ設定による)をサポート。
  • 高速スイッチングやフィルタの高速スキャニングが必要とされるアプリケーションに最適です。
  • 例えば、異なるフィルタ形状の高速切替が求められるシステム試験や製造工程において、処理効率の向上が可能となります。

アプリケーション・ノート

■ 関連製品動画

製品に関するお問い合わせ

    送信する前に個人情報保護方針をご確認ください。