FBG方式 波長分散エミュレータ

何10kmものDCFを準備せずとも低損失・低遅延の波長分散補償、あるいは負荷のエミュレーション実験を行うことのできる可変波長分散エミュレータです。

パートナー:
TeraXion

製品URL

資料ダウンロード

担当者

清水、大久保

アプリケーション

何10kmもの光ファイバを準備せずとも低損失・低遅延の波長分散補償、あるいは負荷のエミュレーション試験を行うことのできる分散値可変 波長分散エミュレータです。TeraXion社のFBG(fiber-Bragg grating)技術により、広い波長分散レンジと動作波長帯域を実現しており、光ファイバ通信技術の研究開発や伝送装置の開発現場にフレキシブルな実験環境を提供します。

 

 

特徴

・1台で波長分散のエミュレーション及び分散補償の実験が可能

・高精度の波長分散エミュレーションが可能

・Continuous Grid/50GHz Grid/100GHz Gridをサポート

・ベンチトップと共にラックマウントタイプもサポート

 

 

仕様: Continuous Grid

Parameters TDCMB-C000-J TDCMB-C000-O TDCMB-C000-N Units
Dispersion range ± 900 ± 1,600 ± 2,000 ps/nm
Operation bandwidth ≥ 40 ≥ 45 ≥ 35 GHz
Insertion loss < 5 < 9 < 9 dB
Phase ripple standard deviation < 0.08 < 0.15 < 0.15 rad
Dispersion resolution 5 5 5 ps/nm

 

 

仕様:50 GHz Grid

Parameters TDCMB-C050-F TDCMB-C050-N TDCMB-C050-R Units
Dispersion range ± 1200 ± 2000 ± 2400 ps/nm
Operation bandwidth ≥ 45 ≥ 45 ≥ 35 GHz
Insertion loss < 5 < 9 < 9 dB
Phase ripple standard deviation < 0.1 < 0.15 < 0.15 rad
Dispersion resolution 5 10 10 ps/nm

 

 

仕様:100 GHz Grid

Parameters TDCMB-C100-O Units
Dispersion range ± 1 600 ps/nm
Operation bandwidth ≥ 35 GHz
Insertion loss < 9 dB
Phase ripple standard deviation < 0.15 rad
Dispersion resolution 5 ps/n

 

 

 

 

RELATED
MANUFACTURERS

関連メーカー