2020.07.29

お知らせ

Innolumeが2020年PRISM AWARDS WINNERに輝きました!

 

 

Innolume製CW Datacom Laserが米国・サンフランシスコで開催された先端光学技術の国際会議 SPIE Photonics West 2020において
名誉あるPRISM AWARDS(Communication部門)を受賞致しました。
同賞は光学分野における優れたイノベーションに送られるもので、2008年の創立以来、世界35か国以上からの応募を受けている国際的な賞です。

[PRISM AWARDS受賞時の動画はコチラから。(所要時間3分程)]

見事受賞した本製品は以下の特徴が特に秀でております。

・100℃で180mWの高出力DFBレーザー
・100mWの出力時、最大20%までの電力変換効率
・25~100℃の温度範囲で100mWの出力が可能
・冷却の必要が無いので、低消費電力のシステム構築が可能となる為、データセンターで構築されるシステムのコストを大幅に抑える事が出来る
・1チップで多波長出力が可能な為、多波長を並べたシステムよりコストの削減が可能

※上記Innolumeの企業ネームロゴからホームページへの移動が可能でございます。

 

弊社としましても、パートナー企業がこのような名誉ある輝かしい賞を授与された事を大変嬉しく思っております。

そんなInnolumeの簡単なご紹介をさせていただきます。

Innolumeはドイツのドルトムントに在る光半導体デバイスの製造メーカーです。その独自のユニークな技術として量子ドット技術を活かした光源の開発・製造を行っております。自社にてエピタキシャル生成装置、スパッタリング装置をはじめとした真空装置を設備しており、前工程に於いては全ての工程をドルトムントにある設備にて行う事が可能です。後工程に関してはパイロットラインは設けておりますが、量産展開の際に外部の製造会社に製造を委託することとなります。

量子井戸(Quantum well)により製造している短い波長側の製品と量子ドット(Quantum dot)により製造している長い波長側の製品の2種類の製造方法を確立しております。量子ドット(Quantum dot)レーザの特徴として1チップで櫛形波形レーザ(Comb laser)の製造が可能です。また各Chのスペーシングを任意に決めることが出来る光源です。これらの製品はシリコンフォトニクスによるAOCの基幹部品としての応用が期待されております。

 

最後までお読みいただきまして誠に有難うございました。何かご質問等ございましたら下記リンクにてお気軽にお問合せ下さいませ。

問い合わせ先フォームへ