2021.09.06

影山ラボレター

影山ラボストーリーvol.19「埼玉Labでの食」

日々の楽しみの一つとして、「食べること」と答える人は多いのではないだろうか。

私もその中の一人であり、日々の食を嗜んでいる。

 

セブンシックス技術部の職場は埼玉大学内に位置する。

ゆえに昼食の場として、毎日お世話になるのが埼玉大学の食堂である。

 

そんな中8月に入り大学の前期授業が終わった。それに合わせ食堂も変則営業になってしまったのである。

お盆には食堂も休みになり、寂しくなったことも記憶に新しい。

そして、お盆明けから食堂の営業が再開された。

再開と共に、通常営業時のスタイルである自分でメニューを選ぶ方式から一変し、お弁当の販売が始まった。

 

このお弁当が通常のメニューに負けず劣ら素晴らしいものであった。

出来立ての品々が、バランスよく少しずつあり、500 円以下で食すことが出来るのだ。

特にお気に入りであったのが、写真の塩サバ弁当である。

他にも、幾つか種類がありとても美味しかったが、やっぱり塩サバ弁当がすき。

 

8月の食はとても充実したのもであった。

9月に入り食堂は通常メニューに戻った。

これからまた、楽しみであり、今日もまたお昼ご飯に思いを馳せるのである。

 

Author – Ryo Kageyama