2021.06.30

76Guy ブログ

社内勉強会【テーマ:共振器について】

こんにちは!今週の勉強会ブログ担当、営業部の竹内です。

まず共振器とは何かですが・・・
共振器とは、タンク回路とも言い、高周波回路の素子の一種で、高周波を一定の空間内(タンク)に閉じ込めるものです。共振器の内部では、共振条件を満たす周波数の電磁波しか存在できません。
弊社は主に光関係の製品を取り扱っておりますので、光共振器について説明していきたいと思います。

光共振器とは、対面させた鏡の間に光を閉じ込め、光の定常波を作り出すための光学機器をいいます。
光共振器を簡単に図で表すと下図になるので参考として頭の片隅に置いておくとイメージしやすいかもしれないですね。

レーザー機器などに用いられますが、
光共振器のみがピックアップされることはほとんどありません。
なぜなら、レーザー(発振器)=光共振器+光増幅器
という構成になっており、既に組み込まれているからです。

レーザー取扱いメーカーを調べてみても光共振器がピックアップされていることはなく、製品であるレーザーに焦点が当てられています。

レーザー関連と言えばセブンシックス!ということで、弊社のパートナー企業であるLDメーカーのBWT Beijing について少しご紹介したいと思います。

BWT Beijing LTD.は、中国北京のメーカーで、高性能ダイオードレーザーコンポーネントおよびサブシステムの製造に特化しており、ファイバ接続されたダイオードレーザーのリーディングサプライヤーとして、波長と出力パワー共に広範囲のレーザーを提供しています。
一度下記のURLより製品を回覧して頂ければと思います!

https://www.sevensix.co.jp/product/maker/bwt-beijing/

それではまた次回も見に来てください!!