2020.09.08

ゆかいな仲間たち

インターンシップお疲れ様!

こんにちは、技術部の中村です。今年6月1日からインターンシップ生として一緒に働いていた宇山くんが、とうとう卒業してしまいました。あっという間の、とても濃厚な3か月でした。9月1日に社内で最終報告会と送別会を行いました。その時の様子と、宇山くんからのメッセージを紹介します。


こんにちは,インターン生の宇山です。9月1日をもって3ヶ月間のインターンシップを終了いたしました。

このインターンシップでは新たな事業を開始することを大きな目標として臨み,様々なことを学びました。そのほんの一部ではありますが,インターンシップを通して得た学びを,関わってくださった皆様への感謝と共に書いてみたいと思います。

まず,光を扱う業界を知るべく市場調査を行いました。この業界は広く,自身が大学で学んでいることはほんの一部でしかないことに気づきました。また,学術的視点ではなく企業的視点で市場を見ることで,市場規模や今後発展が期待される分野を知ることができました。新型コロナウイルスの感染に十分留意しながら同行した営業活動では,顧客が抱えるリアルな課題を知ることができました。これらの経験から、ミクロ・マクロの二つの視点で市場を見る重要性に気付かされました。お忙しい中同行をさせていただいた五反田さん,宮本さんには感謝いたします。

顧客のニーズが分かって来た後は,これに対する技術的な解決策を思案しました。これには苦労しまして,大学で学んでいた光や電気の知識では足りず新たに様々なことを勉強しました。なんとか仕様を形にし,無事受注をいただきました。

開発は受注をいただいてからが本番です。今まで経験したことの無い基本設計や他社連携に悪戦苦闘しました。特に,光が専門ではないメンバーに対して顧客の要求を正確に理解して貰うことには大変苦労しました。企業の開発においては様々な専門性を有した人たちが協力して臨まなくてはいけない為に,非専門家でも理解できる説明が必須である事を痛感しました。ご指導をいただきました中村さん,西浦さん,Tuanさんには感謝いたします。

技術部長で私に直接ご指導をいただいた中村さんには,通常の業務に加え私へのご指導をいただきました。大学にて光に関する研究に携わっているとはいえ,少し分野が違えば素人知識の私に,広く深い知識でご指導いただきました。また,技術のことだけではなく,営業やものづくり,私の将来に関する相談にも乗っていただきました。おかげさまで将来に関する新たな道を考えることができました。

羽根社長には,ご多忙にも関わらず目をかけていただきました。普段の会話で何気無く発せられた言葉の多くが知見に富み,私自身の考えを改めるきっかけとなりました。

このインターンシップは羽根社長のご快諾,中村さんの厚いご指導,そしてセブンシックスの皆様の温かい受け入れが無ければ実現しませんでした。大変感謝しております。

3ヶ月間,本当にありがとうございました。(宇山)