500 uJ , 800 fs 微細加工向けフェムト秒レーザシステム:Origami XXP

Applications アプリケーション

センシング / デバイス評価

センシング / デバイス評価のイメージ

光を用いたセンサにはさまざまな種類があります。光を用いるセンシングの特長は、光そのものの性質に由来します。それは、光の移動速度がこの世で最も速く、かつ質量を持たないため、測定対象物にほとんど影響を及ぼすことなく、高速に計測ができる性質というです。

光の中でも、レーザはさらに2つの特長をもっています。それは、光の直進性とスペクトル純度です。レーザは直進性が高いため、遠くの対象物に光を照射するのに適しています。

スペクトル純度が高い狭線幅な単一周波数レーザは、光の吸収スペクトルが急峻なガスのセンシングに用いられます。