1um帯 超低位相雑音 狭線幅レーザ(OEM版)

Applications アプリケーション

光ピンセット

光ピンセットのイメージ

光ピンセットは、レーザを用いて微小物質(DNA、分子モータ、細胞、ウィルス、タンパク質、酵素)をトラップして操作することができます。対象となる物質が主に生物組織であるため、レーザには主に1um帯の波長が安定したCWレーザが用いられます。必要な光出力は 1W程度で、TEM00のガウシアンビームが必要となるため、シングルモードファイバ射出の半導体レーザや、ファイバレーザが用いられます。