波長可変光源[高分解能モデル]

Applications アプリケーション

光通信

光通信のイメージ

光通信用途に用いる光学部品、光学システムには高い信頼性が求められます。通信の大容量化に伴い、40GHzを超える高速なフォトディテクタ、トランスポンダ、WSS(Wavelength Selectable Switch)が通信市場に導入されるとともに、研究領域では超狭線幅・低雑音レーザ光源、高分解能光スペクトラムアナライザ、高機能フィルタが活用されています。

CATV用のEDFAでは低価格化が進んでおり、PM-EDFAもかなり安価になってきています。