800 – 1300 nm, 高出力半導体レーザ : 量子ドットレーザ ( 空間 / ファイバ出力 )

Applications アプリケーション

医療(OCT以外)

医療(OCT以外)のイメージ

走査型レーザ検眼鏡(SLO : Scanning Laser Ophsalmology)は、網膜をレーザで高速に走査して、網膜表面からの散乱反射をマッピングすることで、網膜表面の2次元もしくは3次元イメージを生成する眼底カメラです。通常の眼底カメラと比べて、画像が高解像力、高コントランストという点で優位性があります。光源には可視レーザが用いられます。1色でもイメージングは可能ですが、3~4色の波長を用いることで、異なる深さの眼底イメージングや、カラーイメージングが可能です。