産業用途/OEM Supercontinuum レーザ : SuperK EVO シリーズ

Applications アプリケーション

産業用OCT

産業用OCTのイメージ

産業用OCTに求められるのは超音波イメージングのような深部イメージングを、超音波イメージングよりも高速(リアルタイム)、非侵襲、高分解能に行うことです。

産業用 OCTでは、ハロゲンランプ等を用いた高分解能なフルフィールドOCTや、対象物の分光特性も同時に取得するOCTがあります。測定対象物には、プラスチック層、食品、MEMSなどがあります。変わり種としては、レーザ溶接加工部を観察するためのOCTも市販されています。要求される分解能が十数um程度であったり、感度がそれほど必要でないOCTの用途では、LEDを用いたOCTシステムや、スペクトル幅数十nmのSLD光源を用いたOCTシステム等が開発されています。