サムネイル

Products 製品情報

高出力ピコ秒 / フェムト秒ファイバーレーザシステム:aeroPULSE PS, aeroPULSE FS

aeroPULSE PS, aeroPULSE FSは微細加工用向けに製造されたオールファイバベースの産業用高出力モード同期ファイバーレーザです。

パートナー:
NKT Photonics A/S
製品型:
aeroPULSE
製品型番:
aeroPULSE PS, aeroPULSE FS
納期目安:
4ヶ月
カテゴリー:
レーザ光源 » 超短パルスレーザ

製品情報

平均出力(W) 10 ~ 40
パルス幅(ps) 0.5 ~ 5
繰返し周波数(MHz) 0.2 ~ 400

アプリケーション

 

NKT Photonics社のaeroPULSE PS, aeroPULSE FSは微細加工用途向けに製造されたオールファイバベースの産業用高出力モード同期ファイバーレーザです。

aeroPULSE PS, aeroPULSE FSはNKT Photonics社が白色レーザ(Supercontinuum light source)で培ったパルスレーザの技術、パルスレーザ増幅器(aeroGAIN-BASE)で培った増幅器の技術、そしてNKT Photonics社のコア技術であるファイバの技術を総動員した高出力ピコ秒 / フェムト秒ファイバーレーザシステムです。

NKT Photonics社のaeroPULSEはCARS顕微鏡やSRS顕微鏡などのライフサイエンス用途に使用される光パラメトリック発振器の励起光源(ピコ秒レーザ)として有名でしたが、2017年7月にフェムト秒/ピコ秒レーザのOnefive社買収後、微細加工用途向けの高出力ピコ秒 / フェムト秒ファイバーレーザシステムの開発・製品化を行っております。2019年度にはSHG結晶を用いた5xx nm帯やTHG結晶を用いた3xx nm帯のピコ秒 / フェムト秒ファイバーレーザシステムの製品化を行う予定です。

 

aeroPULSE PS, aeroPULSE FSの構成

aeroPULSE PSとaeroPULSE FSの全体の構成は左記の通りとなります。aeroPULSE FSはNKT Photonics社のパルスレーザシステムの中で唯一パルス幅可変(<500 fs to 3 ps )のレーザシステムとなります。

 

 

aeroPULSE PSの特徴

  • 狭いスペクトル幅 FWHM < 1 nm
  • 高い出力安定性:< 0.5% in 50 hours
  • 高いビーム品質:M2 ≦1.2
  • 高いビームスタビリティ
  • オールファイバ構成による高信頼性
  • 19 インチラック相当のレーザコントロールユニットとユニットに水平または垂直に取り付けることができる非常にコンパクトで薄型のレーザーヘッド
  • 遠隔での操作が可能
  • メンテナンスフリー / アライメントフリー
  • 非常に短いウォームアップ時間:< 1 min
  • 24/7 オペレーション
  • 20,000時間超の寿命
  • 容易な操作性:RS232、もしくはUSBによる接続

 

 

 

 

aeroPULSE FSの特徴

  • 高い出力安定性:< 0.5% in 50 hours
  • 高いビーム品質:M2 ≦1.2
  • 高いビームスタビリティ
  • <500 fs to 3 ps 間でパルス幅可変
  • オールファイバ構成による高信頼性
  • 19 インチラック相当のレーザコントロールユニットとユニットに水平または垂直に取り付けることができる非常にコンパクトで薄型のレーザーヘッド
  • 遠隔での操作が可能
  • メンテナンスフリー / アライメントフリー
  • 非常に短いウォームアップ時間:< 1 min
  • 24/7 オペレーション
  • 20,000時間超の寿命
  • 容易な操作性:RS232、もしくはUSBによる接続