通信帯域 スペクトル・分散制御プロセッサ WaveShaper

C/L/S帯の光スペクトルの強度と位相、群遅延を、独立に高い自由度で制御できる光フィルタです。LCoS(Liquid crystal on silicon)をベースに構成されているため、可動部がなく安定で堅牢です。4 x 16, 1 x 19, 10 x 10 など、様々な組み合わせが可能なマルチポートにも対応しています。

パートナー:
Finisar Corporation
  • 納期目安:2ヶ月

カテゴリ:

製品PDFURL

資料ダウンロード

貸出状況

デモ機がございますので、お問合せください。

製品情報

波長(nm) 1468 ~ 1640
耐光出力(mW) 500
設定分解能(nm) 0.08 ~ 0.16

アプリケーション

※2020年6月アップデート情報 新しくS-band及びLong L-bandモデルをリリースしました。

 

用途

WaveShaperは、C/L/S帯の光スペクトルの強度と位相、群遅延を、独立に高い自由度で制御できる光フィルタです。LCoS(Liquid crystal on silicon)をベースに構成されているため、可動部がなく安定で堅牢です。4 x 16, 1 x 19, 10 x 10 など、様々な組み合わせが可能なマルチポートにも対応しています。

 

主要スペックと対応波長

 

 

 

 

用途例

 

 

 

 

 

 

 

原理

WaveShaperの入力コネクタから入ってきたレーザは、回折格子によって波長分解され、LCoS上に照射されます。LCoSでステアリング(方向を制御されて反射)された光は再び回折格子を通して出力ファイバに結合されます。

スペクトルの振幅制御は、ビームが出力ファイバへ入射するときの結合率を制御することで減衰を与えます。位相(群遅延)は、LCoSでステアリングされたビームパスを制御することで実現します。

 

WaveShaper 1000/SP 原理

 

 

 

RELATED
MANUFACTURERS

関連メーカー