サムネイル

Products 製品情報

900 – 4200 nm, Mid-IR Supercontinuum : SuperK MIR

0.9 – 4.2 μm の中赤外領域(Mid-IR) の Supercontinuum レーザです。NKT Photonics が研究開発と長期の信頼性試験を終え、販売を開始しました。

パートナー:
NKT Photonics A/S
製品型:
SuperK MIR
製品型番:
SuperK MIR

製品情報

対応波長(nm) 900 ~ 4200
出力(mW) 450
繰返し周波数(MHz) 2.5
ビーム品質 1.1

SuperK MIR : Mid-IR Supercontinuum レーザの特長

SuperK MIR は、可視域のSupercontinuum レーザのマーケットリーダーである NKT Photonics が満を持して製品化した 900 – 4200 nm の中赤外域( Mid-IR )広帯域スペクトルを持つ Supercontinuum ファイバレーザです。SuperK MIR は、フルパッケージされたオールファイバ構成で、ターンキー動作と使いやすいのが特長です。出力は > 450 mWで、光ファイバの先端に取り付けられたコリメートレンズから射出されます。ビーム品質は M2 < 1.1、繰返し周波数は 2.5 MHz なので FT-IR(Fourier transform infrared) or FT-MIR にも使いやすい光源となっております。

分光技術の適用領域は、光源に大きく依存します。例えば、狭線幅レーザはフレキシビリティに課題があります。一方で、これまで使われていた GloBar (赤外分光につかわれている黒体タイプの発生源)は輝度が低いために信号対雑音比(SN比)に課題がありました。NKT Photonicsが開発したMid-IR Supercontinuum レーザは、超広帯域スペクトルを持ち、GloBarより100万倍も輝度が高いという特長があります。 Mid-IR Suprcontinuum レーザは、従来からあった狭線幅レーザと GloBar の性能ギャップを埋める全く新しい光源です。

Mid-IR Supercontinuumレーザは、高ピークパルス光が高非線形光ファイバを伝搬させて生成できます。他社の Mid-IR Supercontinuum レーザは、繰り返し周波数が 数10 – 100 kHz 程度と低いため、FT-IR分光分析での使用が困難でしたが、SuperK MIR はそれらの用途にも適した光源となっております。

 

 

用途

SuperK MIRは シンクロトロンMIRビームや、GloBarのようなMid-IR 光源を使った研究をしている方にご検討いただきたい製品です。

Mid-IR Supercontinuum レーザ は光ファイバの評価、太陽光セル評価、ガス検知・ガス分析、燃焼システムの計測にお使いいただけます。MIR分光法では、生体組織の細胞分析、ガス、薬剤、麻薬、毒物、汚染物質、食品・飲料の品質管理、石油製品の同定、分析に使えます。また、Mid-IR用コンポーネントの研究開発用、検査用の光源としても最適です。

最近では、MIRスペクトルイメージング(MIR顕微分光法)の光源にも検討されています。NKT Photonicsも参画している欧州の MINERVAプロジェクトでは、Mid-IR Supercontinuum レーザを用いた癌の in vivo MIR光学生検(MIRイメージング)を実現して、癌の早期診断技術の確率を目指しています。右の動画では、MINERVA プロジェクタにおける MIRスペクトルイメージングの方法について解説しています。

SuperK MIRは既に欧州などで 10台程度の販売実績があります。2017年 6月にミュンヘンで開催される LASER World of PHOTONICS に世界初展示されました。時期にもよりますが、日本国内での評価用デモも可能です。ご興味をお持ちいただきましたら、お気軽にご相談ください。

 

参考文献:Mid-IR Supercontinuum レーザの発生方法

Mid-IR Supercontinuum レーザの発生にご興味のあるかたは、下記をご覧ください。

無料公開(報告書)

Moselund, Peter M.; Petersen, Christian; Leick, Lasse; Dam, Jeppe Seidelin; Tidemand-Lichtenberg, Peter; Pedersen, Christian ,”Highly Stable, All-fiber, High Power ZBLAN Supercontinuum Source Reaching 4.75 µm used for Nanosecond mid-IR Spectroscopy,” Annual report (2013)

無料公開(論文) Zhuoqi Tang, David Furniss, Michael Fay, Hesham Sakr, Lukasz Sójka, Nigel Neate, Nicola Weston, Slawomir Sujecki, Trevor M. Benson, and Angela B. Seddon, “Mid-infrared photoluminescence in small-core fiber of praseodymium-ion doped selenide-based chalcogenide glass,” Opt. Mater. Express 5, 870-886 (2015)
無料公開(論文) Zhuoqi Tang, Vladimir S. Shiryaev, David Furniss, Lukasz Sojka, Slawomir Sujecki, Trevor M. Benson, Angela B. Seddon, and Mikhail F. Churbanov, “Low loss Ge-As-Se chalcogenide glass fiber, fabricated using extruded preform, for mid-infrared photonics,” Opt. Mater. Express 5, 1722-1737 (2015)
無料公開(記事) Angela B. Seddon, Bruce Napier, Ian Lindsay, Samir Lamrini, Peter M. Moselund, Nick Stone, and Ole Bang, “Mid-infrared Spectroscopy/Bioimaging: Moving toward MIR optical biopsy” Laser Focus World (2016) .
日本語版:Laser Focus World Japan (PDF).
無料公開(論文) Harshana G. Dantanarayana, Nabil Abdel-Moneim, Zhuoqi Tang, Lukasz Sojka, Slawomir Sujecki, David Furniss, Angela B. Seddon, Irnis Kubat, Ole Bang, and Trevor M. Benson, “Refractive index dispersion of chalcogenide glasses for ultra-high numerical-aperture fiber for mid-infrared supercontinuum generation,” Opt. Mater. Express 4, 1444-1455 (2014)
有料(論文) Günter Steinmeyer and Julia S. Skibina, “Supercontinua: Entering the mid-infrared,” Nature Photonics 8, 814–815 
有料(論文) C. R. Petersen, U. Møller, I. Kubat, B. Zhou, S. Dupont, J. Ramsay, T. Benson, S. Sujecki, N. Abdel-Moneim, Z. Tang, D. Furniss, A. Seddon, and O. Bang, “Mid-infrared supercontinuum covering the 1.4–13.3 μm molecular fingerprint region using ultra-high NA chalcogenide step-index fibre,” Nat. Photonics 8(11), 830–834 (2014).
有料(予稿) Peter M. Moselund ; Laurent Huot and Chris D. Brooks, “All-fiber mid-IR supercontinuum: a powerful new tool for IR-spectroscopy “, Proc. SPIE 9703, Optical Biopsy XIV: Toward Real-Time Spectroscopic Imaging and Diagnosis, 97030B (March 7, 2016)