サムネイル

Products 製品情報

OCT向け 超小型ファイバープローブ

特許出願中のOCT用に特化したファイバープローブです。高分解能、高感度用途に適しています。波長、外形寸法、ワーキング距離を選択できます。

パートナー:
Agiltron Inc.
製品型:
Ultra miniature Fiberoptic probe for Optical Coherence Tomography (OCT)
製品型番:
OCTC

資料ダウンロード

製品情報

挿入損失(dB) 0.2
対応波長(nm) 600 ~ 1800

特長

  • 低損失
  • 高い光効率
  • 低い内部反射率
  • 低歪み
  • 低価格

 

アプリケーション

 

特長

agiltron_oct_collimator_dataAgiltron社のOCT用 小型ファイバプローブは、高分解能かつ高感度であることが求められる小型光イメージングシステムに最適です。Agiltronの特許出願中のビーム整形技術をベースに、高品質レンズがファイバ端面に直接整形されており、小さなビームスポットを実現しています。

この OCT ファイバプローブの特長は高い光効率です。一般的な GRINレンズコリメータと比べて、5倍以上高い効率でファイバにビームを結合します。Agiltron の溶融レンズ技術は fiber-to-lens のアライメントフリーで、全てのファイバと互換性を維持しながら小径での製造が可能です。

 

作動距離とビームサイズ

agiltron_beam

OCT プローブでは Working distance(作動距離) と Beam size(ビームサイズ)が重要なパラメータです。ファイバレンズから射出されている光がガウシアンビームの場合、スポット径は最小となります(ビームウエストにおける径 = ビームサイズ と同義)。ファイバ端面からビームウェスト位置までの距離が作動距離です。作動距離とビームサイズの間にはトレードオフの関係があり、作動距離がながくなると、ビームサイズは大きくなってしまいます。

agiltron_oct_collimator_spec

 

agiltron_oct_collimator_oderingsheet