サムネイル

Products 製品情報

【販売終了】超高分解能OCTシステム – Supercontinuum レーザ光源

NKT Photonics の低雑音 Supercontinuum レーザを光源とした µm オーダーのOCTシステムです。

パートナー:
NKT Photonics A/S
製品型:
OCT System
製品型番:
OCT System
カテゴリー:
測定機器 » OCT

資料ダウンロード

製品情報

対応波長(nm) 800
帯域半値幅 FWHM (nm) 300
平均出力(mW) 10

OCT_system1-1069x675光断層計測 ( Optical Coherence Tomography : OCT ) システムは、光が部分的に透過する( 表面から数 mm 程度 の内部に光が侵入する )サンプルの断層計測のイメージングする装置です。OCTシステム はサンプルの内部における屈折率変化により生じる反射光や、散乱光の情報を用いて、サンプル内部を非破壊に解析します。

NKT Photonics の OCT System の特長
  • 深さ方向分解能 : 1.2 um
  • 横方向分解能:2.5 um
  • ソフトウェア付属

OCTシステム には、OCT画像が高精細、高分解能、高深達であることや、高感度、高速に画像を取得できることが求められます。これらの中でも重要なパラメータの一つが分解能です。分解能には画像の深さ( 光軸方向 ) の分解能と、横方向の分解能の2種類があります。このうち、深さ方向分解能は、OCTシステムで用いる光源に大きく依存し、光源のスペクトルが広ければ広いほど、高分解能なOCT画像を取得することができます。

=============

NKT Photonics では、Supercontinuum光源の OEM供給、産業用途からの拡大しつづける要求を満たすため、超高分解能 OCT の販売を中止することといたしました。今後は、OCT用途に最適な低雑音Supercontinuum光源である SuperK EXTREME OCT を供給することで、超高分解能 OCT の開発に寄与してまいります。

=============

µオーダーの分解能のOCT

uOCT system高分解能なOCT画像の取得を用いて新たな未知のフィールドを開拓するため、OCTの研究者・ユーザは広帯域スペクトルを持つ Supercontinuumレーザ のOCT応用の研究開発を続けてきました。しかし、超高分解能なOCT画像を取得するための Supercontinuum レーザの発生には何年もの研究開発が必要で、長期に渡ってOCTの研究が可能なほど安定した Supercontinuumレーザ を開発するのは困難でした。また、広帯域スペクトルに対応する光学系の構築も課題となっていました。

NKT Photonics は、自社製品である SuperK EXTREME と、Thorlabs 社の Ganymede OCT エンジンを組み合わせることで、生体中の深さ方向分解能 1.2 um の超高分解能OCTシステム ( OCT System )を商品化しました。横方向分解能も最小 2.5 um と高分解能なので、小型動物のトモグラフィから、工業材料の非破壊検査まで幅広い用途にお使いいただけます。

この 超高分解能 OCT システムは柔軟性が高いという特長があります。ユーザ自身の手によって、調査対象のサンプルに適したスキャニング範囲、スキャニングスピード、データ処理を実行できます。

お問い合せの流れ

ZebrafishOCT System は、決して安くはないシステムです。購入をご検討いただく前に、お客様が測定してみたいサンプルのデモ測定が必須となります。しかし、日本国内にデモ機はないため、お客様と NKT Photonicsで秘密保持契約を締結いただき、お客様の測定したいサンプルを NKT Photonics 本社にご送付いただくこととなります。 事前のヒアリングをもとに、NKT Photonics のエンジニアがサンプルに最適なシステム (対物レンズの選択、スキャン範囲の設定) を構築し、お客様のサンプルの OCT画像を取得します。お客様には、NKT Photonics が提供する測定報告書をもとに購入を検討していただきます。

 

その他のご案内
光源の中心波長もOCTの深さ方向分解能に大きく関係します。光源の中心波長はサンプルの種類によって使い分けられます。通常、生体の高分解能なOCT画像を取得するときは、中心波長 800 nm 付近の広帯域光源が用いられます。通常、これらの光源には ハロゲンランプ、広帯域SLD ( Super Luminescent Diode )光源が用いられます。弊社は、スペクトル幅 110nm程度の SLD光源や、波長掃引光源も取り扱っております。お気軽にお問合せください。