西浦 匡則

Corporate 会社情報

プロフェッショナル

Introduction of Professional プロフェッショナルの紹介

西浦 匡則
日々の仕事を通じて、会社、仲間、
お客様、パートナーと一緒に
次の一歩を進む。
技術部マネージャー
西浦 匡則
Masanori Nishiura

Comment

私のセブンシックスにおける使命は、自社製品の開発や、特注製品の開発等により会社を次のステージに進めることです。技術営業も兼任しているため、お客様からいただくフォトニクスに関する技術的質問にお応えしたり、ソリューション提案をすることもあります。このような仕事をする上で、私が最も大切にしているのが「準備」です。準備を適切にすることで、効果と効率を最大限に高めることができると考えています。開発で言えば、常に資料、備品の整理整頓をして、物品をリストにまとめることで、モノを探す無駄な時間をカットし、システムの構築を迅速にします。また、研究会や展示会で最新技術の情報をキャッチすることで次の研究テーマの参考とします。技術職として、お客様の窓口である営業担当者と共に研究者のお客様の元へ打ち合わせに伺う際には、これまでの発表研究論文を読み、自社技術やパートナーの製品がどのような役に立てるかを想定して、打ち合わせ時にご提案します。準備にはそれなりの時間と労力の投資が必要ですが、顧客とパートナーから信頼してもらえる喜びが全てに勝ります。また、準備の過程で自身も成長することができ、会社の仲間と準備物をシェアすることで、会社にも価値を生むことができます。

「一日生きることは、一歩進むことでありたい」、これは、ノーベル物理学賞を受賞した湯川博士の言葉です。私も日々の仕事を通じて、会社自身、会社の仲間、お客様、パートナーと一緒に次の一歩を進んでいます。