APPLICATION

アプリケーション

セブンシックスはお客様のアプリケーションを理解し、
アプリケーションに適したソリューションを提案いたします。

アプリケーション一覧

データセンター

データセンターを巡る状況は急速に変化しています。 ブロードバンド化への投資が活発になり、帯域幅の拡大、省エネルギーおよび遠距離化のニーズに対応するための新しい光モジュールへの需要が増大しています。現在これまでに例を見ない数の光ファイバーが展開されています。 10 Gb/s 以上のデータレートは、今やデータセンターの標準となり、これは銅線による電気配線の容量を大幅に超過しています。 データセンター市場では、幅広い光ファイバーモジュール製品によるサーバー、スイッチ、ストレージへの接続需要が高まっています。

レーザ加工

関連カテゴリー

レーザを用いた金属加工には、マーキング、溶接加工、切断加工、微細加工、彫刻があります。近年、これらのレーザ加工で採用されることが増えているレーザは、高出力性、ビーム品質、メンテナンス性、維持費、コンパクト性で長けているファイバレーザです。

レーザ加工用のファイバレーザの発振波長のほとんどは 1um帯で、Ybファイバレーザです。プラスチック溶接などの用途には 2um帯のTmファイバレーザが用いられています。レーザ加工の現場では、温度、湿度、振動に対する安定性が求められるため、レーザシステムそのものはオールファイバであることが求められます。

バイオ/医療/イメージング

複数の波長の光源を用いた共焦点顕微鏡、FLIM/FRET、SNOM/NSOMなどの超解像顕微鏡を用いた研究が盛んになってきて、最先端のバイオ、医療分野で求められる光源の要求は高くなってきています。医用分光の研究ではハロゲンランプ、キセノンランプ、LED、SLDや、複数のLDを合成した光源、白色レーザが用いられていますが、最終的なシステムの自由度と簡便性の関係で光ファイバで光をデリバリしていることが多いようです。

バイオ、医療装置の開発が活況な今、広範な波長で柔軟な波長選択性を持つレーザは、研究開発期間を短縮します。

通信

関連カテゴリー

光通信用途に用いる光学部品、光学システムには高い信頼性が求められます。通信の大容量化に伴い、40GHzを超える高速なフォトディテクタ、トランスポンダ、WSS(Wavelength Selectable Switch)が通信市場に導入されるとともに、研究領域では超狭線幅・低雑音レーザ光源、高分解能光スペクトラムアナライザ、高機能フィルタが活用されています。

CATV用のEDFAでは低価格化が進んでおり、PM-EDFAもかなり安価になってきています。

センシング / デバイス評価

光を用いたセンサにはさまざまな種類があります。光を用いるセンシングの特長は、光そのものの性質に由来します。それは、光の移動速度がこの世で最も速く、かつ質量を持たないため、測定対象物にほとんど影響を及ぼすことなく、高速に計測ができる性質というです。

光の中でも、レーザはさらに2つの特長をもっています。それは、光の直進性とスペクトル純度です。レーザは直進性が高いため、遠くの対象物に光を照射するのに適しています。

スペクトル純度が高い狭線幅な単一周波数レーザは、光の吸収スペクトルが急峻なガスのセンシングに用いられます。

OCT

光断層計測(OCT : Optical Coherence Tomography)は広帯域光源、干渉計、走査系、検出系、ソフトウェアで構成されています。

OCTイメージ像の深さ方向分解能、感度、イメージング深さは光源の仕様と密接に関係します。SS-OCTでは波長掃引光源を用いて高感度、高速なイメージングが可能です。また、FD-OCTでは、SLDやスーパーコンティニュームレーザなどの広帯域光源を用いることで、深さ方向分解能がumオーダーのイメージングが可能になります。

ほとんどのOCTの干渉システムは光ファイバベースで構成されています。高度な技術を持ったファイバ部品メーカは、OCTに必要な光ファイバ部品を1つのボックスに収納した小型、簡便、安価なOCT用干渉モジュールを製造しています。このOCT用干渉計モジュールを用いることで、OCTの製造時にサンプルアームと参照アームの光路長差の調整が容易になり、製造コストも低減することができます。

研究&開発/教育用キット

レーザを用いた応用には、現在は実験室内での使用に限られていますが、将来的に現行システムを大きく入れ替えるシステムや、基礎研究に無くてはならない応用があります。