サムネイル

Blog ブログ

どうも、宮田です。
しばらく食事会ネタが続いたので、今回はガラッと内容を変えて。
今週、衆議院解散のニュースとともに多くのニュース番組で
大々的に報じられたニュースがあったと思います。
日本中が涙したのではないでしょうか。

日本全国から、そして世界中からお悔やみコメントが届き、号外が出るほどでした。
お悔やみコメントのなかでは、
彼は男の美学を貫き、演じ続けた孤高の俳優で最後のスターだった
というコメントが最も多かったが、下記のようなコメントも多くあったと思います。
彼は気遣いの方だった、と。
彼の気遣いエピソードは枚挙に暇がないほどあるが、
このような気遣いというのは社会人として、そして一人の人間として
非常に重要なのではないでしょうか。
そしてこれは、think nextにもつながるのではないでしょうか。
働く分野は違えど、一社会人として、一人間として勉強になる方だったと思います。
この場をかりて、ご冥福をお祈りいたします。

Blog